FC2ブログ
 
 Copyright © Food&more All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2020/07← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2020/09
xxSEARCHxx

xxNEW ENTRYxx

プロフィール

tuyosi2.0

Author:tuyosi2.0
作ることの楽しさを知りレストラン業界へ,
料理を学びつつ「食」を色んな角度で発信していきたいと
様々な方とお会いして刺激を貰う日々,
イタリアからより多彩な切り口で
食+αをアウトプットしていきます。




最新記事




最新コメント




最新トラックバック




月別アーカイブ




カテゴリ




xxINFOMATIONxx
Welcome to Food&more !!
メッセージスペースです。
春の京都 ー北上がる 鞍馬 
2010/03/17 /07:56
DSC06784_convert_20100321192740.jpg

Next day,walking “Tetsugakuno-Michi” in the morning.
Entar the “Hounen-in”,seeing the “Ochi-Tsubaki”.

So feel a sense of the season,,,



京都2日目。

午前中から北に上がりながら市内探索””

哲学の道を昇り、法然院へ。
境内の石畳には、『落ち椿』が転がってました。

院内では砂流が描かれています。
意味は水の流れだそう、仏教の思想の一つですね。

DSC06788_convert_20100321235706.jpg




また寺院内外でも椿は色鮮やかな花を咲かせていました。

DSC06787_convert_20100321192903.jpg



上に一つ昇ると銀閣寺があります。

DSC06806_convert_20100322001043.jpg


こちらも砂流がキレイに線を引いています。

DSC06803_convert_20100322000903.jpg

DSC06809_convert_20100322001210.jpg


途中、甘いモノに吊られキンツバを購入。和菓子を片手に歴史探訪。

DSC06781_convert_20100321192519.jpg



お次は比叡電鉄に乗り、さらに北へ昇ります>>>

DSC06810_convert_20100322001304.jpg


着いたのは終着になる鞍馬。
駅を出て鞍馬寺へは、大きな仁王門を抜けて急高配の鞍馬山の道をひたすら登って上がります””

DSC06813_convert_20100322001414.jpg

DSC06818_convert_20100322001642.jpg


中腹にある鞍馬寺。
お寺の一番見晴らしの良い場所には、一枚の板石を発見。
恐らく、鞍馬天狗がこの石に座り京の都を見下ろしていたんでしょうか。
後で調べると名前は『翔雲台(しょううんだい)』で本尊が降臨した場所、というコトは穴がち外れてないですね。



さて、山を下り一路市内へ戻ります。

二条城の横の並びには様々な通りが伸びています。
縁起良い名前の『恵比寿通り』を東へ抜けていきます。
通りには、老舗の人形屋や家具屋がある中、ブーランジェリーやワインバーなんかもありました。

DSC06820_convert_20100322001729.jpg

DSC06821_convert_20100322001801.jpg



さて、日が暮れてお腹も空いたトコロで今夜のレストランへと向かいまーっす!



スポンサーサイト



Travel * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


←PREV xx HOME xx NEXT→


トラックバックURL
→http://tuyolog.blog35.fc2.com/tb.php/122-2814076c












xx HOME xx