FC2ブログ
 
 Copyright © Food&more All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2020/08← 123456789101112131415161718192021222324252627282930→2020/10
xxSEARCHxx

xxNEW ENTRYxx

プロフィール

tuyosi2.0

Author:tuyosi2.0
作ることの楽しさを知りレストラン業界へ,
料理を学びつつ「食」を色んな角度で発信していきたいと
様々な方とお会いして刺激を貰う日々,
イタリアからより多彩な切り口で
食+αをアウトプットしていきます。




最新記事




最新コメント




最新トラックバック




月別アーカイブ




カテゴリ




xxINFOMATIONxx
Welcome to Food&more !!
メッセージスペースです。
春の京都 ー南下る 伏見 
2010/03/16 /00:15
DSC06725_convert_20100321185818.jpg

I like Kyoto than before.
Because a scene, an atmosphere, people ,
there are all relations on Kyoto so feel the freshness and gracefulness.

Kyoto is very famous tourist city in the world.
I think, the people of the local has hospitality mind.

If this attitude is a display,it's fine for me.
Because we are japanese, we has a principle and practice always.
If you say,that's a national traits.

If it is so let's open this mind thought.





 
寒さも少し和らいだと思うと、軽やかな風と共に花や緑が目に入ってきます。
季節の節目を感じる3月に、一層の季節感を感じれる京都へと足を運んできました。



上品な黒で統一されたJR京都駅ビルに着くと一路南へ下ります。
伏見の稲荷大社へ。
入口では狛犬ではなく、狐二匹が本殿を守っています。
狐と言うと、人を欺いたり化けたりとずる賢いイメージがあるので少し意外ですが、
コチラは神に使える神使(しんし)の狐。
真面目で勇敢なんです!(恐らく”)

DSC06724_convert_20100321185959.jpg


DSC06727_convert_20100321190258.jpg


広い本殿を過ぎると見えてきたのは、鮮やかな朱色のトンネル!
千本鳥居です。
DSC06730_convert_20100321190414.jpg

DSC06729_convert_20100321190342.jpg

数々の鳥居はそのまま山道を上る度に建っています。
流石は全国稲荷大社の総本宮””
信仰の厚さを感じますね。

DSC06736_convert_20100321190605.jpg


神社を出て近くを探索@@@
どうしても「いなり寿司」が食べたくて!

でも時刻は夕方を過ぎ、開いてるお店が見当たりません。
丁度閉まりかけのお店に駆け込み、お店のおばちゃんに相談””
すると、わざわざ手を止めて店を出てまだ開いているというお店まで案内してくれました。

そちらで頂いた「お稲荷さん」。
甘く味付けされた薄揚げと酢飯が本当に良く合い、帰り道にやんわり染みる味でした。
DSC06726_convert_20100321190032.jpg




スポンサーサイト



未分類 * Trackback(0) * Comment(2) * Page top↑


←PREV xx HOME xx NEXT→
momo
2010.04.02 (12:35) xx URL xx EDIT
ようこそ、京都へ。
なんやー、それやったらおすすめの情報とかおましたのにー
tuyosi2.0
Re: タイトルなし
2010.04.03 (00:02) xx URL xx EDIT
>>>momoさん
コメありがとうございます。

ほんまですか、損しましたわ~。
ほな次回よろしゅうです。
いつもおおきに””





トラックバックURL
→http://tuyolog.blog35.fc2.com/tb.php/119-917d46de












xx HOME xx